長田病院訪問リハビリテーション

長田病院訪問リハビリテーションは、地域ケアシステム推進のため、

在宅医療の充実を図るとともに、医療・保険・福祉の連携のとれた

在宅システムを充実していくことを目的とし、

住み慣れた地域・街で安心して快適な在宅生活が継続できるように

支援していきたいと考えています。

 

当院では、病院や施設でのリハビリテーションを受けたいと思っているが、通院や通所が難しい方に対し、病院勤務のリハビリスタッフが自宅まで訪問し、リハビリを提供しています。

 

入院から在宅まで包括的なリハビリテーションです。入院時から関わっているリハビリスタッフが、引き続き訪問リハビリテーション(自宅でのリハビリ)を行います。また、退院直後にスムーズな生活を送ることができるように、自宅まで伺い在宅評価を行っています。

 

一人一人の患者様に対して定期的にカンファレンスを開き、医師・理学療法士・作業療法士・看護師・栄養士・ソーシャルワーカー等、各専門職が連携を図りながらサービスを提供しています。

 

ご希望の方は、当院受診時に担当医に相談、またはケアマネージャーにその旨をお伝えください。

 

対象疾患

・中枢神経疾患…脳梗塞、脳出血、脊椎損傷など

・骨関節疾患…変形性関節症、脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折(股関節)、関節リウマチなど

・呼吸器疾患…肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肺炎など

・認知症・高次脳機能障害

廃用症候群による全身筋力低下、足腰の衰え等  廃用症候群とは?

 

リハビリテーションの内容

                  

・関節可動域練習(ストレッチ)

・筋力増強練習、自主トレーニングの指導・確認

・立つ、歩くなどの基本動作練習

・日常生活動作練習(食事、着替え、入浴、排泄など)

・家事動作練習(掃除、洗濯、調理など)

・外出の練習

・認知症の生活指導

・その他生活全般指導

 

 

 

▲このページのトップに戻る