リハビリテーション科

 長田病院のリハビリ科は、地域に根ざしたリハビリ科です。

 入院早期から退院、退院後は通院や訪問リハビリといった

 一貫したリハビリテーションを提供しています。

 

リハビリテーションは、中枢神経疾患、骨関節疾患、呼吸器疾患など、さまざまな疾患の回復に欠かせないものです。当院では理学療法士、作業療法士が中心となりながら入院から自宅などへの退院まで各科の専門医や看護師やスタッフと連携しながら、効果的な包括リハビリテーションをご提供しております。

 

また、入院中のリハビリでは訓練だけではなく、必要に応じて退院前の自宅訪問訓練や自宅評価を行います。ケアマネージャーを呼んでカンファレンスを行い、患者様本人だけでなく、ご家族の不安や負担の軽減に努めております。長田訪問リハビリテーションと連携して、退院後早期訪問リハビリの展開や維持期リハビリも行っており、回復後の通院リハビリへと継げてまいります。

 

通院リハビリでは、中枢疾患や骨関節疾患だけでなく廃用的な神経難病や廃用症候群による全身筋力低下、足腰の衰えなど下記の疾患を対象とし様々なリハビリテーションを提供しております。 廃用症候群とは?

 

対象疾患 

・中枢神経疾患…脳梗塞、脳出血、脊椎損傷など

・骨関節疾患…変形性関節症、脊椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折(股関節)、関節リウマチ、手の骨折など

・呼吸器疾患…肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肺炎など

・咀嚼・嚥下障害

・失語症、高次脳機能障害

・認知症

・神経難病や廃用症候群による全身筋力低下、足腰の衰え

・急性期治療における全身管理

 

 リハビリテーションの内容 ・関節可動域練習(ストレッチ)

・筋力増強練習、自主トレーニング、確認

・スプリントの作成  スプリントとは?

・足底板の調整

・立つ、歩くなどの基本動作練習

・日常生活動作練習(食事、着替え、入浴、排泄など)

・家事動作練習(掃除、洗濯、調理など)

・外出の練習

・嚥下、飲み込みの練習や食物形態の指導、確認

・コミュニケーション(会話、書字、理解力など)能力を回復する練習

・認知症の生活指導

・手術前後のリハビリテーション(呼吸器、筋力の維持回復など)

・その他、退院に導くための生活全般指導(退院前自宅評価及び訪問・訪問リハビリテーション室との連携)

 

 

 

▲このページのトップに戻る